fol blog

いい声の地鎮祭。

CATEGORY:フルール

立ち上がって、また立ち上がって

晴れた空

背より高い壁

 

越えた先の地鎮祭。

何かと土地が複雑で

超えてしまえば何てことのない壁でも

渦中の最中はしんどいもので

幾度も話し合いを重ねたどり着いた先は

楽しさもひとしお。

滞りなく神事を務めるご主人と

全く聞いていないおくさま。

神主さんが手取り足取り

ワタシはまるで自分を見ているかのようで

見ていられませんでした・・・

 

これまで数々のドジをこなして生きてきましたが

ここへ来て同レベルのエネルギーを放つ方に出会ったのは

運命でしょうか

だけど真っすぐ

彼女はただひたむきに

前に進む

ワタシも前を向いていたから出会えたのかしら

神様がそれでいいよと正解をくれたような

 

ただ、半端ないドジなので

周りは大変な迷惑を被るけれど

迷惑に慣れたメンバーと共に

神主さんがいい声だったので

おくさまが褒めたところ

皆がいい声で自己紹介始めたという

 

 

PAGE TOP

Panasonicとブルーグレーのグラデーション

CATEGORY:taka

先日始まったリノベーションは

完成を迎えた・・・

取り扱い説明と共に最後のペンダントライト取付け。

キッチンメインのリノベーションであったので

工事中の大きな変化は

始まりと終わりのみ

タイルとチークフローリングはアールで見切る

このリズムがほんと好き

 

ワタシ史上初のPanasoniキッチン

キッチンのブルーグレーを中心に空間をコーディネイト。

 

ブルーグレーの扉に真鍮の取っ手を合わせて

モスグリーンの壁タイルと人造大理石のグレー

同系色のグラデーションで異素材を調和する

元からある出窓には

同系色のレトロなタイルを貼って愛らしさをプラス

キラキラ華やかさを醸しだすのは

見切りに使った真鍮のバーと造作扉の輸入ガラス

シックであり上質を演出したいもの

ガラスの向こうは和室なので

和空間にも合うデザインで扉を造作。

光を取り入れたい事もあり

和空間にも馴染む輸入タイルをチョイス。

タイル以外の壁には起毛の布クロスを貼る。

少し艶やかなその光沢がとても上品であり表情が大変良い

ご主人たっての希望のクロス。うなずける逸品。

ダイニング空間。

こちらはクロスとライトとカーテンを変えただけ

なのにとてもシックに変身を遂げたわ。

細かなリノベーションだっただけに

些細なアールが効果的!

 

PAGE TOP

パナソニックキッチン☆初

CATEGORY:taka

棟梁の満面の笑みで始まったリノベーション。

このお家ではLDKのみの改装ご依頼です。

床も床下もとてもしっかりしていましたので

現状を下地として、そのまま使うことにしました。

その方が暖かいですし丈夫ですからね。

 

現在のカラーフロアーの上に床暖房を敷き詰めて

その上に、リビングは無垢のチーク材で

キッチンはタイル床で仕上げてゆくのです

ピンクのテープはアイランドキッチンです。

今までは、壁付けキッチンを使われていたオクサマが

リビングやお庭の緑を眺めながらキッチンに立ちたいとの

ご要望を叶えたキッチンの配置です。

 

そしてこれまでfol設計では使ったことのない

パナソニックのキッチンをチョイスしたのも楽しみの一つです。

キッチンらしくない家具と見まごうスタイルのキッチンがありましたの!

きっと新たな空間を盛り立ててくれるでしょう

性能は言わずもなが…

 

トーヨーキッチンや造作キッチンは

これまで数多く取り扱ってきていて

今頃、王道のPanasonicを

初めて使うのも新鮮ですわ。

クロスは布クロスを使います。

フワフワと綺麗で上質な素材に

セラドンカラー系のタイルで

ふんわりとクールに空間を造ってゆくのです。

 

PAGE TOP