fol blog
PAGE TOP

赤いトラクターの地鎮祭

CATEGORY:shou

お家の名前は【house chou】シュー(仮名)

上棟式を迎えたのは随分と暖かい初冬。

 

これから神事の始まり…の頃に

真っ赤なトラクターに乗ったオクサマのお父様参上に会場が沸く

田んぼへの通勤で通りかかったそうで

神事に飛び入り参加。

のどかな景色。

松山の中心にほど近いの田舎のオアシス。

折り目正しい柏手に

身が引き締まりました。

お父様の番では笑いが起こる

赤いトラクターの残像の影響か

土地の造成を待っていたこともあり

出会いから着工まで一年以上が経ちました

そのまに

ご夫妻に抑えきれないパッションが沸き上がり

我慢出来ない…と、お家のスペックが上がる。

時間があって良かったのか…否か

軽快な業者挨拶。

これまではゆったりと時間が流れてきましたが

これら業者陣が工事に取り掛かると変化も多く

皆さんアッという間に出来上がった!という印象をのようです。

実際は坪数のよりますが4か月~半年かかるかしら

変化に富んで楽しいですもの

これまでとはまた違った時間軸の始まりです。

 

 

PAGE TOP

2020新年あけましておめでとうございます。

CATEGORY:ワタシ事

新年あけましておめでとうございます。

いつもの心地よい場所で迎えるお正月。

この大好きな素敵空間の

考え抜かれたデザイン性と

居心地の良さをインプットしたく

年始早々眼光鋭くギラギラと過ごすのも毎度。

 

ロビーを通るたびに飲んでしまう毎年のジュースも変わりなく

昨年中は大変お世話になりました。

皆さまが与えてくださった場で

エネルギーを受けながら力を発揮することが出来ました。

 

そのアイデアを現実にしてくれる現場の皆の存在も

合わせて価値あるものと感じていただけるよう努めた2019年でした。

年始のルーティン。

とある喫茶店で頂くホットチョコレート。

昭和感漂うこの喫茶でゆっくりするのがなんとも好き。

一年に一度、年始に現れてホットチョコレートを飲む女のことを覚えているかどうか…

店主と会話を交わす事もなく

それさえも落ち着く。

飲み終えたころ

静かな店内に、ラッパと太鼓の音が響き

昭和に絶滅したチンドン屋が…(小さい頃に見たことある)

それみたいな七福神が賑やかに現れて

おみくじを引けという。

さっき神社でひいたのも、ここでも大吉だったので

もう大吉しか引ける気がしない。

さっきの神社。

賑やかな出店に興奮し

餅やフライドポテトを食べる。

今年も好物のフライドポテトから一年が始まった。

 

今年はどんな出会いがあるかしら

このお仕事のおかげで様々な出会いがあり

大好きな図面を引かせてもらっています。

色々な場所に訪れるのも

お話をするのも聞かせていただくのも

どれもがかけがえのないものです。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

PAGE TOP

mousse写真撮影

CATEGORY:【mousse】ムース

【house❍mousse】ムース

お引渡し前の写真撮影

綺麗な雲空と相まって

幻想的な佇まいが引き立つ空気感の写真日和。

何と表現したらよいのか

この外観の雰囲気は

ノスタルジックな世界観があり

和とも洋ともとれる

【house❍mousse】ムースの黄金比。

柱のレンガは冒険した甲斐がありました。

その威力は絶大だけれど壁も軒裏も玄関戸も負けていませんわ。

 

ちらりと感じられるアールの壁の配置も品があって良いですね。

室内は愛らしい空間が伸びやかに広がる

マルマルのライトは

奥様たっての希望の綺麗なガラス玉。

海外の輸入品のそれは、かなりの重量があると事前に把握できていたので

しっかり下地補強して、安心して設置完了。

なんだか階段の〇と共鳴してますね。

アイアン手すりは

あえて縦横のデザインなのが面白いでしょう。

壁に写る陰影も楽しめる優れもの。

2階ホールの手洗いもぬかり無く造作しています。

ダイニングの勾配天井からも

ガラスのペンダントライトが下がっていて

これら全てのペンダントライトのバランスを整えるのに少々頭を悩ませましたが、

それぞれが馴染み合いながら個性を見せてくれるという…

やはりチャレンジしてこそ深みがますわ。

 

輸入ガラスを使い、格子のデザインを施したリビングドア。

このお家ではブラックチェリーを多く使っていて

気品ある女性らしい木目が採用ポイント。

 

ブラックチェリーは色の変化が早く激しいので

すぐさましっとりとしたオレンジ色に変わり

その味わいを増します。

住まわれている方は、毎日見ているので気づきにくいですが

意識していると面白いくらい変化しますから

それも楽しんでいただきたいですわ。

 

まだまだご紹介足りなく

つづきはお引渡しの風景と共に・・・

 

 

PAGE TOP

【house◉tarte】タルト完成です。

CATEGORY:【house◉tarte】タルト。

お引渡しを迎えた

【house◉tarte】タルト

お引渡しの前日には、おうちラボの撮影をしてましたの

撮影終えて皆でお弁当食べるのが恒例で

楽しかったので皆表情がいいですね。

顔がつやつやで

パンパンです。←私のみ

2020年1月11日 午前9時25分~

南海放送『おうちラボ』

【house◉tarte】の細かな工夫や動線やインテリアも

たっぷり紹介していますので皆さま見てくださいませ。

 

お引渡しのつづき・・・

面白いプレゼントにビックリした引渡し

坊ちゃまのTの字で Thank you  『KitKat』

『Kit Kat』でこんなパッケージ作れるのだと興奮!

初めて出会いは

fol設計オフィスの近くを通りかかったご夫妻が

カタログいただけませんか?と立ち寄って下さった時。

カタログをお渡ししてご挨拶する程度の短時間でしたが

とても感じの良いお二人だわ…と好印象だけが残っていました。

 

ご縁がつながったのはそれから数カ月後

改めて会いに来てくださり

ずっと私の設計する建物に憧れてくれていたこと

ブログやTVをチェックしてくれていたこと

敷居が高くてなかなか来られなかったこと←そんなことないですよ(=_=)

ずっとあたためていた思いを聞かせていただきました。

綴られたお手紙に『あの時行動して本当に良かった

こんなにも楽しく安心してお家づくりが進められたのは

石村さんのお蔭です』と綴られており感動した次第(*_*)

 

皆さまが多くのお金や労力を使い

終の棲家や店舗やオフィスを造る挑戦を

楽しく突き詰めてゆける環境や安定した状態をつくることが

私の役割だといつも心に留めています。

思いを受け止められる器や、能力を鍛える努力は惜しみません。

 

私にとって仕事が楽しいのは当たり前で

これまでワクワクするお仕事だけしてきました

プレッシャーは器を広げる為には必要なので

時にハゲそうになりながら抱えてますケド…

ただ、私にとって苦しみとプレッシャーは別物なのですわ。

 

頂いたクッキーは一瞬で食べちゃった。

Parisのコロンはあまりの素敵さに

オフィスのParisのタイルサンプルと一緒に飾ってます。

因みにこのParisのタイルサンプルは

大阪のタイルメーカー『平田タイル』の偉い方(Parisタイルオタク)から頂きました。

エルメスの床に使ってあるタイルだそうです。

高価そうなのでこれまで使ったことはありませんが

気になるお客様がいらしたら是非使ってみたいので

お声掛けくださいませ。←野望

打合せはいつも笑いに満ちていましたね。

ご主人は間取りの打合せでは大活躍で

その後のインテリア選びの頃は、オクサマのサポートに徹してくださり

メリハリの男らしさが光っていました☆

センスの良いオクサマのタイルやライト選びは見事でしたし

初期の図面の打合せで、リビングを吹抜けにするかどうかの問答に

オクサマが「よし!」っと気持ちよく即決したさまが素敵で

その印象はずっと最後まで変わることなくこの日を迎えました。

お二人と楽しい時間を共有できて幸せでした。

【house◉tarte】の完成です。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP