fol blog

苔色

CATEGORY:【mousse】ムース

【house❍mousse】ムース

mousseはフランス語で苔を意味する言葉で

外壁は苔色。

言葉で表現できないこの表情

苔色を彩る煉瓦は独特の表情があって

ノスタルジックな雰囲気を漂わす

 

室内のイメージは、英語のmousseであのフワフワのムースを表現する

吹き抜けリビングに〇〇のライト

このガラス玉を現場でバランスよく

取付けしてもらう…電気屋さんと手伝う棟梁。

ワタシは数々の打合せの合間にチラ見しては

あの辺りの玉を上げてとか下げてとか口出しておけば

キラキラが増えてゆくのが綺麗で楽しい。

 

工事も後半に差し掛かると

皆でギュウギュウになって打合せ

賑やかな現場はなんとも活気があって好き。

江戸っ子に憧れる母に育てられたからか…

いいえ瞬間の賑やかは好きだけど基本群れないので気のせいか

母は群れ群れ

階段からの景色。

PAGE TOP

デザインの幸せループ

CATEGORY:【house◉tarte】タルト。

【house◉タルト】の壁付けキッチン。

渋色キッチンにミッドセンチュリーなライトをチョイスして

寝室はピンクベージュをモチーフにして

愛らしく仕上げてみました。

寝室のアールの壁

ただ壁がそこにあるだけで

ふんわりと雰囲気が出るなんて素晴らしい事だと思うのです。

巾木や天井も収まりにも

いつも心を配っています。

誰にも気づかれない事もしばしばですが(住みだしてから気づくわけ)

別にいい

妥協することに私がブレないことが大事←偉い

造作する大工さんが頑張るし←鬼

リビング入口扉

今回も施主様と一緒にデザインを構想し造作しました。

ガラス扉は玄関ホールからの入口で

左のパネル扉は収納になっているという・・・

きっと面白い雰囲気が出るはず!と閃いたので

やはり正解。

 

ホールの扉たち。

勿論こちらもデザインして造作。

デザインを依頼してくださるクライアントがいて

それを造ってくれる職人がいて

幸せだな~と思いながら構想してますから素敵になるのは必然。

お家全部が幸せループ。

奥の洗面も【house◉タルト】っぽい

タイルは貼りかけでもこんなにも素敵

 

お庭の緑は素敵なの決まりましたわ。

 

 

PAGE TOP

【Arte】アルテ ちょっと上棟。

CATEGORY:【Arte】アルテ

アート作品発掘に余念のないオクサマが

数々の作品を飾る場…アトリエを備えたお家。

【house Arte】アルテ。

ちょっと上棟。

雨に台風にと工期が伸びに伸びたことと

上棟式の日程を動かすことが出来なかったことと

間に合わなかったらテントでお弁当食べようよ!と言ってたら

現実になりました・・・タープで上棟式。←養生シート

こんな面白いアクシデントは大変好みです。

卒なくこなす。も良いですが時にはこんなストーリーもなくてはね。

両方あってどっちも生きてくるものでしょう。

ブルーシートの下で撮ったら

こういう色味で写るのね…

大変可愛らしいお弁当に

私には特別にフライトポテトも付いています。

オクサマのアート作品発掘の旅に何度か同行してますので

私のフライドポテト好きが漏れてしまいましたわ。

奥隅に置いた大工道具が触りたくてちょっかい出していたら

大工さん達にバリケードを張られ諦めたボク。

 

今回、初の“手起こし上棟”

というのは…この土地への進入路が大変狭くて

レッカー車が入れないので

近くの広場まで運ばれた大量のパネルを

少しづつ台車に積み替えて

ガラガラと手で運び

大工さん達が手で起こし組み立ててゆくという…

それは手間暇のかかる棟上げです。

いったい何日かかるのかしら←他人事。

やんちゃなので捕まえられて

投げられそうになるボク。

 

頂いたお心づかいは細部まで拘っていて

folのクッキーを見た時は

胸がトキメキましたよ。

深夜仕事しながら食べ進めてゆくと 

“もみじ”まで出てきて。あぁ可愛い。

心が華やぎ目が覚めたので、この3つ以外完食。

細部にまで行き届いた拘りを見つけるたびに楽しくて

全部気づけているかしら…

鋭いワタシはきっと大丈夫だわよ。

双子のボクたち

さっきの写真はもう一人のボクだったはず。

PAGE TOP

【house mousse】

CATEGORY:【mousse】ムース

mousse(ムース)はフランス語で苔。

【house mousse】の外観は苔色だという

カーキともいう

大工棟梁の謎のポーズ・・・

最終決定は左の苔色(カーキ)で決まり。

 

英語ではあのフワフワお菓子のムース。

室内はフワフワムースのような

ベージュピンクや淡いグレーのインテリア。

ダイニングテーブルには

クリアなピンクをチョイスして

キッチンも淡いベージュの木目調

なんとも愛らしいインテリアなのです。

PAGE TOP

富士の麓。

CATEGORY:【house◉tarte】タルト。

それはミッドセンチュリー過ぎず

クラシック過ぎない

【house◉tarte】タルトのインテリア。

シルバグレイに丸々のモチーフが愛らしさを醸す。

 

カーテンもタイルも家具も決まり

大工さん達もポーズでキメ顔。←強制

これから仕上げ工事が始まる

決めごとに集中のあまり

お見せする写真が底をつくのもいつもの事

今、富士の麓でこのブログを書いている

70歳をとうに超えた母のゴルフのお供でこの地に来たけれど

ゴルフを嗜まない私は、母が富士に向かって白球を打つ間

部屋風呂から富士を眺め、露天風呂へもおもむき(←どちらもカラス)

エステを堪能した後、癒しの全てが帳消しになるくらい仕事している。

しかもチェックアウト時間が過ぎたので

部屋を追われロビーの片隅で

そんなせわしない日常が、皆様の癒しの空間に表現されるなら

ロビーに居座る時間も報われる。

 

 

 

 

 

PAGE TOP