fol blog

【Arte】アルテ ちょっと上棟。

CATEGORY:【Arte】アルテ

アート作品発掘に余念のないオクサマが

数々の作品を飾る場…アトリエを備えたお家。

【house Arte】アルテ。

ちょっと上棟。

雨に台風にと工期が伸びに伸びたことと

上棟式の日程を動かすことが出来なかったことと

間に合わなかったらテントでお弁当食べようよ!と言ってたら

現実になりました・・・タープで上棟式。←養生シート

こんな面白いアクシデントは大変好みです。

卒なくこなす。も良いですが時にはこんなストーリーもなくてはね。

両方あってどっちも生きてくるものでしょう。

ブルーシートの下で撮ったら

こういう色味で写るのね…

大変可愛らしいお弁当に

私には特別にフライトポテトも付いています。

オクサマのアート作品発掘の旅に何度か同行してますので

私のフライドポテト好きが漏れてしまいましたわ。

奥隅に置いた大工道具が触りたくてちょっかい出していたら

大工さん達にバリケードを張られ諦めたボク。

 

今回、初の“手起こし上棟”

というのは…この土地への進入路が大変狭くて

レッカー車が入れないので

近くの広場まで運ばれた大量のパネルを

少しづつ台車に積み替えて

ガラガラと手で運び

大工さん達が手で起こし組み立ててゆくという…

それは手間暇のかかる棟上げです。

いったい何日かかるのかしら←他人事。

やんちゃなので捕まえられて

投げられそうになるボク。

 

頂いたお心づかいは細部まで拘っていて

folのクッキーを見た時は

胸がトキメキましたよ。

深夜仕事しながら食べ進めてゆくと 

“もみじ”まで出てきて。あぁ可愛い。

心が華やぎ目が覚めたので、この3つ以外完食。

細部にまで行き届いた拘りを見つけるたびに楽しくて

全部気づけているかしら…

鋭いワタシはきっと大丈夫だわよ。

双子のボクたち

さっきの写真はもう一人のボクだったはず。

PAGE TOP

【house mousse】

CATEGORY:【mousse】ムース

mousse(ムース)はフランス語で苔。

【house mousse】の外観は苔色だという

カーキともいう

大工棟梁の謎のポーズ・・・

最終決定は左の苔色(カーキ)で決まり。

 

英語ではあのフワフワお菓子のムース。

室内はフワフワムースのような

ベージュピンクや淡いグレーのインテリア。

ダイニングテーブルには

クリアなピンクをチョイスして

キッチンも淡いベージュの木目調

なんとも愛らしいインテリアなのです。

PAGE TOP

富士の麓。

CATEGORY:【house◉tarte】タルト。

それはミッドセンチュリー過ぎず

クラシック過ぎない

【house◉tarte】タルトのインテリア。

シルバグレイに丸々のモチーフが愛らしさを醸す。

 

カーテンもタイルも家具も決まり

大工さん達もポーズでキメ顔。←強制

これから仕上げ工事が始まる

決めごとに集中のあまり

お見せする写真が底をつくのもいつもの事

今、富士の麓でこのブログを書いている

70歳をとうに超えた母のゴルフのお供でこの地に来たけれど

ゴルフを嗜まない私は、母が富士に向かって白球を打つ間

部屋風呂から富士を眺め、露天風呂へもおもむき(←どちらもカラス)

エステを堪能した後、癒しの全てが帳消しになるくらい仕事している。

しかもチェックアウト時間が過ぎたので

部屋を追われロビーの片隅で

そんなせわしない日常が、皆様の癒しの空間に表現されるなら

ロビーに居座る時間も報われる。

 

 

 

 

 

PAGE TOP

トリップ。

CATEGORY:【house◉tarte】タルト。

「ちこうよれ」・・・的な

この日の現場は秋らしからぬ暑さであった

暑がりの殿様が現場入りしたので

現場がより暑く…様子も面白く

写真を撮る施主様。

カーテンまでも現場で当ててみながら決めるのが

一番分かり易いので

現場にサンプル持ち込んでの打ち合わせ

現場は大工工事が佳境を過ぎた頃で

仕上げの最終打ち合わせに業者人が集まるってくる

この賑やかな光景は何度過ごしても心地よい

瞬時に迫られる決断ですら

心地よい。

 

(オクサマとはアクセサリーやお洋服の話も弾みとても楽し♡)

私にとって時間をかけてウンウン構想するが良い案を生む訳でもなく

瞬間に湧く感覚をとても大切にしている。

時間ではなく、どこまで深く瞬時に潜るか

意識的に行っているのでないけれど

ただ深くトリップしているような

大好きなミュージシャンが薬物で逮捕されて

勇気をくれたあの曲はトリップ最中に出来たのね…とは違う

ただ名曲だったりするので複雑(=_=)

バルコニーの高さを決めて今日の予定を終えた。

業者とも仲良しっぽいが普通。フフフ

 

 

 

 

PAGE TOP

外観のアール。

CATEGORY:【mousse】ムース

棟が上がり

お家の形が見えました!

こちらは坂に面した土地でして

南側は建物の基礎よりも道路の方が高くなっているので

道からの目線を遮るように

後に木製フェンス等で目隠しようかしらと構想中。

玄関入り口のアール壁が印象的なお家です。

お家の中は明るく勾配天井のリビング。

こちらもアールのステージが効いていますね。

上棟工事の日には

施主様が朝・昼・晩と現場に足しげく通い

様々な差し入れをしてくださいまして

皆、お昼からも益々頑張れます!

 

ワタシ達は上棟と同時に初の現場打合せ

アールの壁が絶賛で←自分大絶賛

基礎も大変だっただろうし…

大工さんも手間暇かかった事だろう…

でもあまりに綺麗なので

今後もつづく。

こんなに分かり易く考えてる人を初めて見る←無意識自分

 

ご家族そろって朝昼晩と変化を楽しんでいただけた上棟。

現場打ち合わせはこれから佳境に入ります!

PAGE TOP